紹介人は自分の努力で資金提供できたかのように説明しますが

月刊誌の宣伝、タブロイド紙、電話ボックスに張り付けられたビラやダイレクトメールなどで「多重借金の整頓手伝います」「多重債務をひとつにしましょう」などの売り文句を目にすることがあります。過払金返還請求の手続きを依頼する

こういうのは、「整頓屋」「買取人」「紹介者」と呼ばれる悪徳業者の宣伝の場合もあるのです。

こういったものを利用した場合は破産申請の流れの中で免責承認を受けられない恐れもあります。

「整頓業者」の場合は、DMなどで多重債務者を引きつけすさまじい依頼料を要求して整理をしますが結局のところ借金整理は実行されずに、依頼者はさらに債務地獄に陥ることが大方になります。

「買取屋」は借金者の借金で、デジタル用品、新幹線のチケットなどを山ほど仕入れさせ、借金者からその品を定価の3割や半額で受け取るという手法が主です。

負債者はそのときは小金がもらえますが少しすればカード業者経由の購入品の定額の返済請求が届き、現実には債務を上乗せするだけです。

この場合、カード会社相手の詐欺とされてしまい免責承認をもらえません。

「つなぎ業者」は有名な消費者金融から断られるようになった債務人にダイレクトな融資はしないで、提供をしてもらえる違う会社を呼んで、紹介料を取っている企業です。

紹介人は自分の努力で資金提供できたかのように説明しますが、本当のところは特に何もせず、シンプルにルールのゆるい店を分かっているというだけです。

このケースだと現実には債務額を重ねる結果となります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.flowersforavagabond.com All Rights Reserved.