www.flowersforavagabond.com

考えもせずに不意に出あってしまうのが事故です。ここでどんな風に対処するかが要因となり、車の保険料の受け取り額も相当大きく変化する状況も予想できますので的確な判断と対応力が不可欠です。思いつきもしない出来事に出会って動揺してしまったら対処を見逃してしまいその先あなたが損を被る状況も予測できるので自動車の事故に巻き込まれた時には的確に以下に記述した対応をしましょう。事故に遭遇した場面で最も初めにするべき事は負傷者の確認です。乗用車の事故の後は頭の中が真白になって何も出来ない状態になってしまう場合があり直ちに対処できないのが当然です。その場合、負傷した人がいたら危険が少ない場所へ移動して応急手当を施し、救急車を呼ぶなどを行い人命最優先に努めることが大切です。救急車を呼ぶ場合ははっきりと事故があった場所を知らせて不明な状態では辺りの目に留まったデパートや場所名を知らせ事故が起こった場所を特定できるようにします。その後に110番に連絡し自動車の事故が起きた事さらに現在の様子を告げます。救急車と警察の到着を待つ間に相手側の内容を聞きます。氏名、連絡先、免許証番号、ナンバープレートの番号、事故の相手側の保険の会社名のような相手だけでなく自分の身元を教えあいます。この時に事故の相手に過失が存在する状態では、その場で解決しようとすることがありますが結論を出すのではなく、どういう場面にかかわらず警察署や保険の会社に報告してきちんと調査してもらいます。それぞれの身元を交換したら他者のさまたげになることをやめるために障害物を道路の上からどけます。もし障害物が他の自動車の障害となっている場合はお互いの情報交換をするより優先してそれを終わらせてしまっても構いません。自らがお金を払っている自動車保険の会社に電話をし、車での事故が起きた事を知らせます。車の事故から一定の時間内に自動車の保険会社に連絡を入れないと自動車の保険の適用されないことも考えられるので時間が出来たらすぐに電話をすることが大切です。さらに跡としてデジカメやタブレットなどを用いて現場や車の壊れた箇所が分かる写真をを撮ります。それは責任の割合決める際に重要な証拠となりますので、自身のクルマや先方の車の故障個所をきっちりと手がかりとして残しておくことが大事です。その時に見た人がいるのであれば警察や保険会社がやってくるまでその場に待っていてもらうよう依頼するのも忘れてはいけません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.flowersforavagabond.com All Rights Reserved.